Home > 神戸で注文住宅を建てる-3-
COLUMN

建築家と設計士とは何が違うのか?

よく目や耳にする建築家と建築士、何が違うのかご存知ですか?
ここでは建築士と建築家をとりまく、資格・仕事の進め方などを解説。
理想の住まいの相談相手を見つけるヒントにご利用ください。

建築士とは国家資格を有する者

建築士とは、建築物に関する設計や工事の監理などの業務を行い、その国家資格を持つ人のことです。
これらの仕事は安全に大きな影響を及ぼすため、建基準法に教育や経験についての定めがあり、要件を満たした場合に資格が付与される制度になっています。

 

資格の種類には「一級建築士」や「二級建築士」、「木造建築士」などがあり、仕事をするには、国への登録も必要になります。

 

なお、一級建築士は国土交通大臣の免許を受け、二級建築士と木造建築士は都道府県知事の免許を受けます。

 

ちなみに、一級建築士の免許を最初に受けたのは田中角栄元総理大臣だという噂もありますが、どうやら事実ではないようですね。

建築士は資格

建築士は資格
一方、建築家とは、建築の設計や工事の管理を行う専門家を示します。つまり職業名です。
建築士とは異なり、資格を有する者ではなく、自称できます。

 

国家資格ではなく、その定義は曖昧ですが、建築家による職能団体「日本建築家協会」が説明している、建築家についての概要はつぎのようなものです。

 

“建築家は建物の設計を行うと共に、建築する際の監理と建築に関わる事がらに対して、専門家・プロフェッショナルとして関わる職業です”

 

建築士は建造物の設計に関する構造や設備、デザインなどすべてを行いますが、建築家はデザインを専門とする、家のデザイナーに近いでしょう。

 

具体的には、たとえば資格を有しない者でも、有資者を雇えば建築事務所を主宰できます。この際、事務所を主宰する者が建築物のデザインを担当する場合、建築家と呼ばれることが多いようです。

 

ただし、有資格者でない人が建築家を名乗ると、建築士でない者が建築士に類似する名称を用いることになり、建築法上好ましくないとの指摘や議論もあります。

建築士・建築家の選び方

資格を有する建築士でもペーパードライバーのように建築の仕事に携わっていない人もいれば、逆に、資格を有しない建築家でも、豊富な知識や経験を持ち、大学など教育機関で指導にあたっている人もいるなど、家の設計に関して一概にどちらが上、というものではありません。

 

また、建築士や建築家は、マンションの設計が得意な人、住宅の設計が得意な人など、それぞれ得意ジャンルを持つことが多いです。設計に対するこだわりやデザインの雰囲気なども人により異なるので、建築士や建築家の家づくりの実例を見るなどして、好みの専門家を探してみるといいのがお勧めです。

 

目次に戻る