Home > 神戸で注文住宅を建てる-4-
COLUMN

建築士・建築家の設計費の相場を知って、
予算に応じた理想の注文受託を建てよう

建築士・建築家の設計費の相場を知って、予算に応じた理想の注文受託を建てよう

建築士・建築家に設計を依頼すると、高額になる?でもそれは誤解。
すべての物件に設計料は含まれており、建築家は予算内で施工させるのも仕事のうち。
ここでは彼らの相場とメリットをご紹介します。

建築士・建築家に設計を依頼すると、費用が高くなると考えている方は多いと思いますが、それは誤解。
低予算の場合でも、施工主の予算内で希望に合うよう設計するのが彼等の仕事です。
建築士・建築家に依頼するといくらぐらいかかるのか。また依頼するメリットとは。

“建築事務所に設計を頼むと高い”はウソ

建築士とは、建築物に関する設計や工事の監理などの業務を行い、その国家資格を持つ人のことです。
これらの仕事は安全に大きな影響を及ぼすため、建基準法に教育や経験についての定めがあり、要件を満たした場合に資格が付与される制度になっています。

 

家を建てる場合、建築事務所が手がけるのは基本設計のみで、工事は別の施工業者が担当することになります。
そのため設計費が単独で発生し、工事費に加え設計費がかってしまい、高くなりそうだと感じる方も多いと思います。

 

というのも、住宅メーカーの中には設計費を無料とする業者があるからです。
しかしこうした場合、工事費に設計費が含まれているだけで、実際建築にかかる総額が割安になるわけではないことがほとんどです。
結局のところ、住宅メーカーに所属する設計士が作業するのですから、費用が発生するのは当然でしょう。

 

ですから、設計事務所に設計を依頼しても、住宅メーカーに設計や施行を一括してお願いしても、家を建てるのにかかる総費用が変わるわけではないのです。

建築士や建築家に依頼するメリット

では、設計費に多くかかり、工事費に回せる費用が少なくなる恐れがあるかというと、その心配は無用です。
建築士・建築家は、設計費と工事費の合計を施工主の予算として考え、予算内に収まるよう、設計費と工事費を併せて管理します。

 

さらに建築士・建築家は設計のプロ。
家の土台になる構造など重要なところには十分予算を取り、壁紙や設備など交換が比較的簡単な部分の予算を削るなどして調整もしてくれます。

設計料の相場

建築料はケースにもよりますが、総工事費の10%~15%が平均的で、著名な建築士・建築家だと20%~25%ほどになります。

 

たとえば、総予算が1500万円、設計料が13%だったとすると、195万円を設計料、1305万円を工事費に割り振られる計算です。

 

また、建築士法で定められたガイドラインがあり、大規模な建築物の場合、多くの建築事務所はそれに則り建築料を決めています。
一般住宅だとガイドラインに則らないのは、設計費が高額になってしまうため。
つまり一般住宅の設計費は、通常ガイドラインよりも安く設定されているというわけですね。

低予算でも建築士・建築家に任せれば大丈夫

小さい建物を低予算で建てる場合にも、もちろん設計士・設計家が力になります。
断られるのではと気にされる方もいるでしょうが、そんなことはありません。
悪条件を乗り越え、施工主の希望を叶えるよう設計するのが彼らプロの仕事です。心配せずに、まずは相談してみましょう。

 

目次に戻る

EVENTイベント情報