Home > 建築実例 > 双子壁の家

WORKS

双子壁の家

新築住宅 エムトラスプロデュース
双子壁の家

設計:seki.design 監理・施工:ビームスコンストラクション 写真:森本大助

 

futagokabe9
【建築場所】  神戸市垂水区 
【延床面積】 87.61㎡(26.50坪)
【敷地面積】 137.02㎡(41.45坪)
【工法・構造】     木造軸組 
【竣  工】    2016年9月

■建築家のコメント(seki.design 石 憲明)
敷地環境や条件を読み解くことで、この土地にぴったりなカタチが浮かび上がってきました。浮かび上がったカタチは二枚の壁に挟まれたボリューム。この二枚壁は敷地の平面形状に合わせた角度で配置されています。
壁のカタチは道路の傾斜によって決定し、二枚の壁は同じカタチ、双子の壁になっています。そして、双子の壁にはそれぞれに役割があります。
道路側の壁には道路からの視線と騒音を遮る役割、土留の役割があります。東側の壁には、室内から見える景色をコントロールする役割と周囲からの視線を遮る役割があります。
また、内部空間は景色の広がる南北の軸を主軸としてプランニングが展開します。
インテリアのコンセプトは好きな物に囲まれて暮らす。壁面のオープンな棚にお気に入りのものを飾ったり、素敵に収納して個性的な空間を創り出しましょう。
↓ 画像をクリックすると大きな写真でご確認して頂けます。