Home > お客様の声

WORKS

■ 『神仙寺の家』のお施主様からいただいたメッセージとアンケートです

お引渡しから1年。お施主様から「建築家との家づくり」について、嬉しい感想をいただきました。

どういうわけか年々冬になると家の中が寒くなってきてるかんじがして、暖かくするリフォームの相談に訪れたのがきっかけでした。

■ 『haus-toot』 のお施主様からいただいた感想です

建物の『竣工写真と家づくりをの様子をおさめた『フォトムービー』を観られたお施主様からいただいた感想は...

アルバムを見て、私たちが住む家って『こんなにカッコイイんだ!』って更に実感しました。
子供にも、この家はこんな風にできあがったんだよ。と話ができるのが楽しみ。

 

■ 『双子壁の家』のお施主様にいただいた直筆メッセージです♪

建物が完成し、お施主様からいただいた温かいメッセージは、「物語り」でした...。

「自分で家を造りたい!」と思われたことが第1歩だったお施主様との出会い。 土地探しからスタートしたお家が完成し、いただいたメッセージが今までにない経験で「感動」しました。

■ 『haus-toot』のお施主様アンケートです

8-6.楽しかったこと、よかったことを教えてください。

やる事や決める事がたくさんあり大変だったが、自分たちで家造りしている実感がもてて楽しかった。

■ 『haus-note』のお施主様アンケートです

5.ビームスコンストラクションに相談してみようと思われたのは何故ですか?

ハウスメーカーではなく建築家に設計してもらうことを決心するまでに1年近くかかったのですが、それまでいろいろ親身になって相談に対応していただいていたので、ビームスさんに決めました。

■ 『haus-turf』のお施主様アンケートです

8-5.やっと完成したときの思いはどんなものでしたか?

早く住みたい!!!
自分たちだけのオリジナルの家を持つのが夢だったので、夢が叶ったという想いと、庭に植物や野菜を植えたり、子供と遊んだり、家族や友達を呼んでお茶をしたりBBQをしたり・・・等と新たな楽しみがたくさん生まれた。

■ 『haus-bent』 引渡しの日に送っていただいたメッセージです♪

今日と言う日を迎えられ、皆様には感謝の言葉しかありません。
長いようで短い時間でしたが、1つのものを創り上げる楽しさを共感出来、
チームの一員になれたようで本当に嬉しかったです。

■ Fさんのマンションリフォーム

今回こだわったところは?
まず、コスト面です。改修工事なので、不透明な部分から思わぬ追加が発生することは自分なりに覚悟はしていましたが、今回、ビームスコンストラクションさんには詳細な内訳明細と、不確定要素まで考慮した『予備費』の計上など、具体的かつ、明確な予算書を提示していただき、さらに週一回の現場定例会議で工事の進捗状況を詳細に確認することができたので、不安を感じることなく進めることができました。工事内容については、結露、カビに悩まされていた壁の断熱改修や、段差解消のプランなど、工事内容の説明も十分納得のいくもので、大変満足しています。
全体の感想は?
床の工事における、マンション管理事務所への対応など、トラブルなく柔軟に進めていただけたので、安心してお願いすることが出来ました。また、再びコスト面についてですが、通常『一式』見積りを提示されることはよくあると思うのですが、今回のビームスコンストラクションさんの『実行予算書』は根拠に基づいた明確な内容でした。ただ『高い、安い』だけで判断することが嫌でしたので、納得のリフォームが出来ました。その事は、今回、六甲道にあるビームスコンストラクションさんの事務所に足を運んでお話を聞き、工事をお願いすることに決めた理由でもあります。本当にお世話になりました。

■ Yさんのリフォーム

今回のリフォームでこだわったところは?
階段の勾配がきつかったので、ゆるくすることと、収納など全体的に機能性を持たせることでした。きれいに仕上げていただき、本当に満足しています。
全体の感想は?
お客である我々は、金額だけじゃなく、工事に来ている『人間』を見ています。元々2軒の家がつながった仕様なので、構造上の問題点も多く、電気のブレーカーが2か所に分かれているなど難解な部分はありましたが、一番大切な『現場報告』が徹底していたため、安心して管理をお願いできました。追加工事についても根拠や明細をわかりやすく説明していただきましたが、何より、ビームスのスタッフさんに『人間』的な信頼をいただけたので、納得のリフォームといえるでしょう。

■ Sさんのお住まい

完成した家の特徴は?
一階のリビングは吹抜け部分のスケルトン階段や、和室の間仕切り、鉄製の手すりなど、広く見せる工夫がなされており、それでいて全体は家族ひとりひとりの要望をみたす構成にもなっています。外観については玄関側縦格子がインパクトを放ちながらも、プライベートを確保してくれています。
家づくりの感想は?
薪ストーブまわりの版築壁(土壁)や大黒柱を取り入れた広い空間の演出など、建築家のセンスには驚かされました。和風モダンをイメージしていましたが、スタッフの皆さんと岡山県の木材市場まで行って仕入れた木材をふんだんに使い、土壁の塗装など自分で出来るところは全て参加できたので、大変満足のいく家づくりだったと感じています。これからのメンテナンスも自分の手で楽しんで出来そうです。
CM方式と設計コンペについて
CM(コンストラクションマネジメント)はコスト面、技術面の透明性が謳われており、例えばコスト面においては、スタッフと一緒に木材市場で仕入れた木材についてはそこでの売値がそのまま工務店の提示する工事金額として反映されている(そこに利益はのせていない)ので、とにかく単純明快で分かりやすかったと思います。
技術面においても、構造見学会の開催や、版築壁(土壁)や、床、建具、柱などのワックス塗装など、実際に目に見える形で家づくりに参加できたので、隠すことのない建築を表現していただけたのだと感じています。
また、設計コンペはデザインだけでなく、相性、人柄までみて建築家を選ぶことができますので、家族の理想+αの家づくりを実感できました。それぞれの建築家に出していただいたプランも全て独創的で大変悩みましたが、それを家族で選んでいる時間がもっとも楽しい時間だったと思います。