スタッフブログ

2台!? のキッチン  「Branch haus」

ハウスクリーニングの作業も進み、キッチンの養生も取れてよりスッキリと仕上がり具合が見えてます。 ^_^

アクセント壁!

蛇籠の石積み塀も完成してますね。

これで外からの目線はしっかりカットされますが、中からは露天っぽく開放感あるバスルームに。!

手直し作業も徐々に…職人さんも丁寧に細やかにやってくれています。 (^_^)v

神戸市垂水区の「Branch haus」は間もなく完成します。

床の養生も外され・・・

神戸市垂水区「Branch haus」
内部の片付けにかかり、床の養生が外されてきています。照明器具やエアコンもすでに取り付けられて完成に近付いていますね。 ^_^

外構工事も お風呂からはこんな感じで外からの目線を切り、中からは開放感いっぱいの明るいバスルームになりました。 (^_^)v

あっ! 蛇籠INの石垣はもう一段積まれ、向こうの方のマンションからの目線は完全にきれるんですよ。

工事は最終盤に・・・完成まで気を引き締めて!

神戸市垂水区「Branch haus」
いよいよ内装工事は最終段階

照明器具や衛生設備器具が取り付けられています。
昨日仮設電源より本設電源に切り替わりました。
照明が点灯すると一段と完成に近づき完成間近の実感が増していきます。
照明器具を取り付けている時、ふと天井を見上げるとダウンライトの開口に笑顔が

クロス屋さんがダウンライトの開口時に刻んだ遊び心です

今週末には家具工事も終わり来週は美装工事と最終調整です。

完成まであと少し、気を抜かずに頑張ります。

2階のキッチンが ! (^o^)

神戸市垂水区「Branch haus」

住居部のシステムキッチンの据付も完了です。 (^_^)v

2階のこのキッチンは、キッチンハウスさんが工事担当してくれました。しっかり養生され、お目見えは月末になるかな。!
内部の工事はこれで大きなものがほぼ終わり、今週から設備の仕上げ(器具の取付け)になっていきます。
あともう少し・・・! 工事は最後までしっかりと。

アトリエにキッチンが!

神戸市垂水区「Branch haus」です。
1階のアトリエにクチーナこうべさんのキッチンが取り付けられました。 ^ ^

次は2階の住居部のキッチンの取り付けになります。
こちらはキッチンハウスさんの工事です。

1階も2階も、それぞれ特徴あるキッチン。 (^_^)v
楽しみですね〜。

照明器具の取付も始まり・・・

神戸市垂水区「Branch haus」

間接照明の灯りのふくらみ具合を確認しながら、器具を取付ける位置を決めています。 ^ ^

コーニス照明は器具を手前側に取付けるか、奥側に取付けるかで壁に浮かぶ「フワッと」と、灯りのラインの「キリッと」の表現が違ってきます。設計の石さんに立ち会ってもらい、

取付位置を決定してもらいました。
またこれで完成に近づいてきました。 (^。^)

足場解体中 !!

神戸市垂水区「Branch haus」
足場の解体にかかっています。 ^ ^

白い壁が現れ、現場の前を通るご近所の方が見上げて、「うゎっー」と、小さな感嘆が聞こえます。 (^_^)v
内部の工事も大分と進み、来週からkitchenの工事や設備の仕上げに入ります。月末にはほぼ建築工事が終わり、残すは外構工事になります。

オプティマス塗装!!

神戸市垂水区「Branch HAUS」は外部のオプティマス塗装が完了です。 (^_^)

「しろい!」セルフクリーニング機能を持った外装塗料…機能も楽しみですが、意匠もキレイな白さですね。!

玄関ドアとの対比もみごと 設計者の意図がバッチリ表現されていますね〜 (^。^)

準備はOK !

神戸市垂水区「Branch haus」は工事が進み、外壁の仕上げ工事にかかっています。モルタルを塗り、その上に新しい材料のオプティマスをローラーで塗って仕上げます。 ^ ^
下地のモルタルの含水率が6%以下が、オプティマスを仕上げる目処になるので、こうやって含水率計で日毎に、かつこまめに水分チェックしてます。 (^.^)

陰になるところ、日当たり、風通しが悪く乾きにくくなっているのも経験値だけでなく、計測して確認です。目処の数値になってきたので来週から仕上げに入ります。

Branch HAUS 順調に・・・

神戸市垂水区の高台で(淡路島が望める・・・)工事中の!!

大工さんの工事が本当に順調に進み、内部の仕上げ工事に移ってきています。!

天井に貼ったこだわりの突板合板

少し前の現場風景になりますがフロアーの30°突き合わせ加工は大工さんと原寸図面で確認したり、端材で試し張りを行うことにより綺麗に収めることが出来ました。!

フロリーングの突合せもバッチリと

また先日墨出しをした天井埋込み型照明はいつもより早めに開口をおこない、収まりの確認を入念に行うことにより出戻り工事がないように慎重に進めております。!