スタッフブログ

『K様邸新築工事』LGS下地工事

大阪 阿倍野の藤原・室建築設計事務所さんの設計・監理案件の『K様邸新築工事』では内部のLGS下地工事が完了しました!
07120712-10712-2

全ての取り合いが線で繋がり、中々ですね(^-^)中々・・・。敷地の形状や周辺状況から壁面にあまり開口部が取れない為、ライトウェル(光井戸)での採光を採り入れ、地下の螺旋階段まで光が届きます。
0712-3

光の陰影が何か神秘的ですね(^-^)

さあ今週は、断熱工事と配線工事に入り、来週からは大工さんが乗り込み内部の造作工事に入ります。各種関係業者さん暑い中、体に気をつけて『ご安全に!』

施主のK様・室様・本家様宜しくお願い致します!

『K様邸新築工事』JIOの検査

藤原・室建築設計事務所 室さん・本家さん設計監理『K様邸新築工事』では、瑕疵担保責任保険JIOの検査が行われました。
各階くまなく確認し、基準に適合した施工が行われているかチェックしていきます。検査での指摘は特になく終了し、次回の防水検査で最終検査となります。
K1K2K3

この先も安全最優先で的確に工事を進めていきます(^^)。

熱線吸収!カーポート設置。

先週K邸のカーポート設置工事が完了しました。


↑今回施工させていただいたのは熱線吸収ポリカーボネートタイプ(アクアシャイン)です。

連日炎天下のおかげで効果を十分体感できました(-∀-`; )

暑さもかなり軽減され、大切なお車を直射日光から守るための十分な効果が期待できます!

 

ガレージや門扉の工事中

まだまだ暑いですね~

外で作業をするのは本当に注意しないといけません。しかし最近は外構工事で外部ばかり・・・

↓仕事は順調ですが業者さんも心なしか元気がないです・・・

先日、現場近くで落雷があり(ニュースでも大きく取り上げられました)会社内の会議でも注意するようにとの話がありました。

大気の不安定な今のこの時期、皆さんも十分注意してください。

Ryota

『ボーダー』という飾り。

大阪K邸の外装に取り付けている装飾ボーダーです。

上の写真2枚はアルミ製オーダー品(ミカミ工業)です。

以前はFRP製が主流でしたが、今は耐候性を重視する理由等でアルミ製が主流になっています。
*FRP(Fiber Reinforced Plastics 強化繊維プラスチック)・・耐久性に優れ、軽量かつ安価なことから、自動車・鉄道・船舶の分野をはじめ、ユニットバスなど住宅設備などでも幅広く用いられる材料。



次の写真2枚は非常に複雑なため、EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)加工がし易く、アルミに比べると半値以下となります。

こんなにたくさんの装飾ボーダーを取付した個人住宅は初めてです。

kei